1. ホーム
  2. Razer、クロマを搭載したATXとMini-ITX Tomahawkケースの詳細を発表

Razer、クロマを搭載したATXとMini-ITX Tomahawkケースの詳細を発表

2020-10-12 12:00

PCケースの市場にいる場合、Razerには新しいオプションがあります。 本日、ATXのTomahawk A1とMini-ITX形式のM1を紹介し、すべてのRazerセットアップを完了するために必要なRazerケースを提供します。

Razerは通常、ケースについてパートナーと協力してきました。以前の例としては、H440i Razer Editionを搭載したNZXT、S340 Razer Edition、PC-O11 Dynamic RazerEditionを搭載したLianLiなどがあります。

ケースの世界では珍しいことではありません。そのため、フルサイズのRazer Tomahawk A1は、ATXマザーボード、最大384 mmの長さのGPU、および冷却ハードウェアが収納された大きなメインコンパートメントを備えた比較的標準的なATXレイアウトを備えています。 シュラウドの下に電源と3台のハードドライブがあり、物事をきれいに見せます。 背面のシャーシにはケーブル管理カバーが付いているので、後ろはすっきりと見えます。ケースの両側は、押しピン機構で開くガラスの「自殺ドア」パネルで覆われています。

Razerによると、これは独自のケースですが、Tomahawk A1の内部は、5つ星を付けたLancoolIIシリーズのケースと非常に似ていることに注意してください。代表者はTom'sHardwareに、「ケースはRazerによって設計されたものであり、サードパーティのパートナーに関する詳細を共有したくない」と語った。

Razerのフロントパネルは、ピンを使用して、前面にあるLEDで点灯するRazerロゴに電力を送信します。フロントパネルに関する唯一の懸念は、ファンが空気を引き込むための多くの通気口を提供していないように見えるため、吸気が制限されていることです。これは、ケースを沈黙させるためのトレードオフです。

Mini-ITXトマホークM1は、基本的にケースデザインを縮小し、同じフロントパネルデザイン、同じフロントIOを備えていますが、自殺ドアを磁気シールにアップグレードしています。内部には、最大320 mmのGPUと少数の2.5インチSSDを備えた最大ITXシステム用のスペースがあり、すべてSFX電源で駆動されます。

どちらのケースにもRazerChroma RGBアンダーグロー照明が付属しており、照明をRazer周辺機器と同期させることができます。

価格は、Tomahawk M1 Mini-ITXケースが179ドル、より大きなA1シャーシが199ドルに設定されています。

ソース:Tom's Hardware
シェア