1. ホーム
  2. MSIは、クロック速度、RGBの写真、トリプルファンRTX3070カードを明らかにします

MSIは、クロック速度、RGBの写真、トリプルファンRTX3070カードを明らかにします

2020-10-20 11:30

先週、MSIはNvidia GeForce RTX 3070モデルの1つのページの仕様と写真ギャラリーを更新し、RTX3070の10月29日の発売日に向けてそのサイズとパフォーマンスをよりよく理解できるようにしました。

MSI GeForce RTX 3070ゲーミングトリオは、これまでに見た中で最も大きなRTXカードの1つで、長さは12.7インチで、3つのスロットを占有します。 重量を支えるのに役立つサポートブラケットが付属していますが、それでも、この3.1ポンドのカードは物理的には獣です。 これはおそらく、3つの冷却ファンが原因で、新しく発表されたクロック速度に到達するのに役立ちます。

MSIによると、RTX 3070 Gaming Trioは、1500MHzのベースクロックと1770MHzのブーストクロックに加えて、14Gbpsのメモリ速度で8GBのGDDR6メモリ容量を備えています。 比較すると、NvidiaのRTX 3070 FoundersEditionのブーストクロックは1730MHzです。

MSIファンは、カード全体がカスタマイズ可能なRGBで装飾されていること、および会社のドラゴンのロゴが各カードのファンの中央の前面と中央にあることも喜んでいます。

MSIのサイトには他に2枚のRTX 3070カードも掲載されていますが、どちらのクロック速度も掲載されていません。 これらは、GeForce RTX 3070 Ventus 2XOCとGeForceRTX 3070 Ventus3Xです。

Ventus 2Xは、RGBがなく、ファンが2つしかないシンプルなカードです。つまり、長さはわずか9.1インチです。 大規模ないとこと同様に、14Gbpsで動作する8GBのGDDR6メモリも搭載されています。

一方、Ventus 3XはVentus 2Xに似ていますが、別のファンが追加されます。 長さは12インチで、8GBのGDDR6メモリも搭載しています。

ソース:Tom's Hardware
シェア