1. ホーム
  2. AMDがRyzenCPU用の新しいチップセットドライバーを発表

AMDがRyzenCPU用の新しいチップセットドライバーを発表

2020-11-25 10:45

AMDは本日、最新のチップセットドライバー(2.10.13.408)をリリースし、メインストリームのAM4ソケットとHEDT TRX40ソケットの両方を備えたRyzenシステムのパフォーマンスチューニングを改善しました。 同社はまた、途中でいくつかのバグ修正を行いました。

様々なオペレーティングシステムの条件に合わせてプロセッサがどのように動作するかを決定するRyzenパワープランは、6.0.0.0.3から6.0.0.0.7にアップグレードされています。変更履歴には、「新しいプログラムのサポートが追加されました」とは書かれていますが、正確なサポート内容については記載されていません。

チップセットのアップデートには、MicroPEPドライバの「新しいプログラムサポートが追加されました」というタグも含まれています。MicroPEPドライバは、チップが異なる電力状態と周波数間の遷移を管理するのに役立ちます。

AMDはI2Cドライバーも更新し、変更ログには「クロック周波数調整」と記載されているため、AMDは電力/周波数管理サブシステムを調整しているようです。 AMDは、PCIドライバーとSFHドライバーのバグ修正を含む他のいくつかの変更を加え、さらにいくつかのチップセットインストーラーの問題を修正しました。

いつものように、システムからパワーとパフォーマンスの最良のブレンドを抽出するには、最新のチップセットドライバーを使用する必要があります。 Ryzenを搭載したシステムをお持ちの場合は、AMDのサポートページから新しいチップセットドライバーをダウンロードできます。

ソース:Tom's Hardware
シェア