1. ホーム
  2. MSIのComet Lakeが対応するマザーボードは、CPUクーラータイプに基づいてCPU電力制限を変更します

MSIのComet Lakeが対応するマザーボードは、CPUクーラータイプに基づいてCPU電力制限を変更します

2020-11-25 10:45

MSIが、Intel Comet Lake CPUのPL1とPL2ターボ値を変更する新しい自動化された方法を紹介しています。ComputerBaseが最初に詳述したこの新しい方法は、BIOS内の冷却オプションで、コンピュータ内の冷却ソリューションに基づいて新しいPL1とPL2の値を設定することを特徴とします。

この状況に対するMSIのアプローチは、PL1とPL2の値をエンドユーザーに明確にしています。UEFI/BIOSでは、どのような冷却ソリューションを使用しているかを選択します。「箱型冷却」と呼ばれるデフォルトモードでは、PL1とPL2の値はデフォルト値に設定されます。「タワーエアークーラー」と「ウォータークーラー」オプションでは、PL1とPL2の値が255Wに設定されます。つまり、CPUは電力制限を受ける前に最大255Wまで消費することができます。これらのオプションはまた、PL1とPL2の持続時間を無限にして、必要なだけコアをブーストすることを可能にします。必要に応じて、これらの値を手動で調整することもできます。

IntelのComet Lake-S CPUは、ターボブーストクロックにPL1とPL2の値として知られているものを使用します。それぞれの値には、デフォルトのTDPよりも高い電力制限があり、各PLレベルでコアをより高くブーストできるようになっています。それぞれの制限値は限られた時間だけ設定されており、その時間が過ぎると、CPUは電力効率を高めるために低い周波数にジャンプダウンします。

しかし、これらの値は、手動またはファームウェアを介して操作することができます。マザーボードメーカーは、ほとんどの場合、最適と思われるものに基づいて電力制限値を変更します(BIOSがデフォルトの仕様ですべてを実行するように設定されている場合でも)。

ソース:Tom's Hardware
シェア