1. ホーム
  2. PowerColor、Red Devil Radeon RX 6800 XTボードを発表

PowerColor、Red Devil Radeon RX 6800 XTボードを発表

2020-11-25 10:45

AMDがBigNaviベースのRadeonRX 6800/6900ファミリーを発表した直後に、パートナーによるグラフィックカードの発表があります。 AMDの最も忠実な同盟国の1つであるPowerColorは今週、新しいNavi 21 GPUを搭載した次期RedDevilアドインボード(AIB)を公開しました。

PowerColorのRedDevilグラフィックカードは通常、強化された電圧調整モジュール(VRM)を備えたカスタムプリント回路基板(PCB)を使用して電力供給を改善し、カスタムのハイエンド冷却システムを使用して、強力なオーバークロックの可能性とともにより高いクロックを可能にします。

これは、同社がTwitterページでからかった次のPowerColor Red Devil Radeon RX 6800XTビデオカードの場合のようです。 製造元はカード自体のデモを行いませんでしたが、3つのファンを備えた大規模なクーラーとバックプレートを備えた大きな(おそらくトリプル幅の)グラフィックボードを示すスケッチを展示しました。 明らかに、AMDのリファレンスデザインと比較した場合、PowerColorのRed Devil RX 6800XTがより高いクロックを備えていることを期待することは理にかなっています。

AMDは、11月18日にRadeon RX 6800(3840ストリームプロセッサ、1815/2105 MHz、16 GB GDDR6)および6800 XT(4608 SP、2015/2250 MHz、16 GB GDDR6)グラフィックスカードの販売を開始し、その後トップに続く予定です。 -of-the-range Radeon RX 6900 XT(5120 SP、2015/2250 MHz、16 GB GDDR6)ボード(12月8日)。

AMDの発売スケジュールを考えると、PowerColorが最初にRadeon RX 6800XTのRedDevilバリアントを発売し、次にNavi 21GPUのRadeonRX 6900XTバリアントを搭載したさらに極端なものを作ることを期待するのは理にかなっています。

ソース:Tom's Hardware
シェア