1. ホーム
  2. IntelがIce Lake-SPの詳細を明らかに:32コアのIce Lakeは64コアのAMD EPYCよりも高速であると主張

IntelがIce Lake-SPの詳細を明らかに:32コアのIce Lakeは64コアのAMD EPYCよりも高速であると主張

2020-11-25 10:45

インテルは、スーパーコンピューティング2020トレードショーで、2020年第1四半期に正式に発売される予定の第3世代Xeonスケーラブル「Ice Lake-SP」プロセッサーに関する追加の詳細を明らかにしました。とりわけ、インテルはいくつかの予備的なパフォーマンス数値を共有し、サーバーは 2つの32コアIceLake CPUを実行することは、AMDの64コアEPYCプロセッサのうちの2つに基づくマシンよりも高速です。

Intelは、Ice Lake-SPプロセッサのパフォーマンスの数値を開示することに加えて、10nmのEnhanced Super Finプロセステクノロジを使用して作成された次世代のコードネームSapphire Rapids CPUを広くサンプリングしていることも確認しました。

インテルの次期第3世代Xeonスケーラブルプロセッサーは、最大32コアと、最大6TBのDDR4-3200メモリ/インテルOptane永続メモリをサポートする8つのメモリチャネルを備えています。 さらに、新しいプロセッサは、PCIe 4.0接続と、暗号化アクセラレータを含む多くの新しいセキュリティテクノロジをサポートします。

Intelによると、新しいSunny Coveマイクロアーキテクチャと専用アクセラレータおよび拡張メモリサポートを組み合わせることで、新しいプロセッサは、かなり時代遅れのSkylakeマイクロアーキテクチャに依存する以前のプロセッサよりも大幅に高速化できます。 新しいCPUは、クライアントのIce Lake製品にも使用されているIntelの第2世代10nmプロセステクノロジーを使用して作られています。

Intelによると、2.20 GHzでクロックされ、256 GBのDDR4-3400メモリとペアになっている2つの第3世代32コアXeonスケーラブル「Ice Lake」CPUを実行するサーバーは、一部のベンチマーク(LAMMPS、NAMD STMV)で20%〜30%高速です。 、モンテカルロ)2.25GHzで動作し256GBのDDR4-3200を搭載した2つの64コアAMDEPYC7742プロセッサを搭載したサーバーと比較した場合。 これは、Intelのシステムのコア数が半分であるにもかかわらずです。

Intelはまだ第3世代のXeonスケーラブルな「Ice Lake」プロセッサを正式に導入する必要がありますが、韓国気象局、Max Planckコンピューティングおよびデータファシリティ、国立先端産業科学技術研究所(AIST)など、多くの顧客が 東京大学、大阪大学、およびオラクルは、HPCのニーズに合わせて新しいCPUを導入する計画をすでに発表しています。

Intelは、Ice Lake-SPプロセッサのパフォーマンスの数値を開示することに加えて、10nmのEnhanced Super Finプロセステクノロジを使用して作成された次世代のコードネームSapphire Rapids CPUを広くサンプリングしていることも確認しました。

ソース:Tom's Hardware
シェア