Windows 11アップグレードのバグで変更を恐れ、Windows 10のタスクバーを維持

Windows 11アップグレードのバグで変更を恐れ、Windows 10のタスクバーを維持

ソース:Tom's Hardware

シェア

複数のRedditユーザーによると、Windows 11ユーザーに、新OS内でWindows 10のタスクバーを有効にする新たなバグが現れたとのことです。Bleeping Computerによると、ユーザーは、マイクロソフトのアップデートアシスタントを使ってWindows 11にアップデートしたことが主な原因であると報告しました。しかし、幸いなことに、Windows 11のタスクバーを復活させるための修正方法がいくつかあります。

Windows 10のタスクバーを完全に再現したにもかかわらず、タスクバーには多くのバグがあります。最大の問題は、スタートメニューが機能しないことです。そのため、Windows 10のタスクバーが好きかどうかに関わらず、このバグのためにWindows 10のタスクバーを意味のある方法で使用することができません。

もしあなたが同じ状況に陥っているのであれば、今のところこの問題に対する明確な解決策はありません。しかし、いくつかの可能性のある解決策があるので、試してみてください。最も一般的な方法は、Windows 11の最新の累積的な更新プログラムをアンインストールしてから、Windows Updateで更新プログラムをチェックして再インストールすることです。これは、Windows 11のInsider Preview時代に、タスクバーが完全になくなったり、不具合が発生したりした場合に、Microsoftが実際に推奨した修正方法です。

次の解決策は、Windows 11でまったく新しいアカウントを作成し、すべてのファイルをそのアカウントに転送することでした。これにより、Windows 11のタスクバーが復活し、すべてが正常に戻りました。

3つ目の方法は、圧倒的に手っ取り早い解決策です。それは、管理者モードのコマンドプロンプトで、破損したWindowsファイルの再検証と修復を行うことです。それは、管理者モードのコマンドプロンプトで、sfc /scannowと入力し、エンターキーを押してプロセスを開始することです。ツールによるファイルの修復が完了すると、Windows 11のタスクバーが表示されるようになります。正常に動作しない場合は、再起動することで正常に動作するようになるはずです。

公式な修正プログラムがリリースされるまでは、Windows 11のタスクバーを取り戻すために、少なくともこれらの解決策の1つ以上を試す必要があるようです。

みんなの自作PC

さらに表示