Intel Alder Lake i5-12400、印象的なベンチマークを記録

Intel Alder Lake i5-12400、印象的なベンチマークを記録

ソース:Tom's Hardware

シェア

Intel Alder Lakeに関する新たな噂やベンチマークを耳にしない日はありませんでした。来月中に発売される予定のこのプロセッサーは、エキサイティングなアップグレードをもたらし、間違いなく最高のCPUのリストに入ることになるだろう。今回は、インテルのAlder Lakeラインアップの中でミドルレンジのプロセッサーであるCore i5-12400を3つのベンチマークでテストしました。その結果、このCPUはAMDのRyzen 5000シリーズのすべてを打ち負かすことができました。今のところ、これらのベンチマークには十分な注意が必要です。

ベンチマーク結果は、中国のソーシャルメディアであるBilibiliで公開されました。リーク情報では、CPUの名称に関するほとんどの情報が隠蔽されており、第12世代のCore i5プロセッサであることと、末尾に「400」という数字が残っているだけでした。これにより、問題のCPUがIntel Core i5-12400である可能性が高いことがかなり容易に推測できます。

なお、Core i5-12400はGolden Coveアーキテクチャを採用します。つまり、Efficiency(小さな)コアとPerformance(大きな)コアが混在していないということです。その代わり、CPUは6つのコアを持ち、すべてがPerformanceタイプです。CPUは、CPU-Z、AIDA64、Cinebench R20の各ベンチマークでテストされました。

Images from the Bilibili post

Images from the Bilibili post

Images from the Bilibili post

CPU-Zベンチマークによると、このプロセッサーは、シングルコアのブーストクロックが4.4GHz、オールコアのブーストクロックが4GHzとなっているようです。i5-12400は、シングルスレッドテストで681.7、マルチスレッドで4983.8のスコアを獲得しました。

また、システム安定性ベンチマーク「AIDA64」では、消費電力や温度の面でも良い結果が得られます。ストレステストでは、プロセッサは最大78.5Wまでしか上がらず、最高温度は60℃でした。

最後のテストはCinebench R20で、シングルコア性能に関しては、Core i5-12400がどのAMD Ryzen 5000純正CPUよりも優れた性能を発揮します。当然のことながら、結果はマルチスレッドでは通用せず、Alder Lakeのモデルは他の6コアプロセッサとしか競争できません。例えば、Ryzen 5 5600Xは、非常に堅実なプロセッサーであることを忘れてはならず、したがって対戦相手として相応しいです。

どんなベンチマークでもそうですが、興奮度はほどほどにしておくことが大切です。このような初期のリーク情報は確かに興味をそそりますが、我々が独自のベンチマークを実行できるようになるまでは、情報を塩漬けにしておく必要があります。しかし、今回のリークが事実であれば、Intel Core i5-12400の良いイメージになることは間違いありません。

あとは、11月初旬の正式リリースを待つだけです。そうなれば、ベンチマークはリークではなくなり、CPUの性能を証明するものとなります。

関連ニュース

みんなの自作PC

さらに表示