中国が禁止した後、米国が世界の仮想通貨マイニングのリーダーになる

中国が禁止した後、米国が世界の仮想通貨マイニングのリーダーになる

ソース:Tom's Hardware

シェア

中国当局が今年初めに同国でのビットコインマイニングを禁止した後、米国はかつてのリーダーを追い越し、世界のハッシュレートの1/3以上を占める世界の主要なビットコインマイニング源となりました。米国の後にはカザフスタンとロシアが続いています。ビットコインの大部分は、自社のデータセンターを運営する大企業によってマイニングされています。

75%から0%へ

ケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンスが発表した数字によると、2019年9月に中国が世界のビットコインのハッシュレートの約75%を支配していたと「Financial Times」が報じました。最近の四半期にビットコインの為替レートが急上昇したため、大規模なマイニングデータセンターが米国、カザフスタン、ロシアなどの他国に展開されました。

その結果、中国のシェアは今年4月に44%に低下し、5月に当局が暗号通貨のマイニングを禁止した後はゼロになってしまいました(少なくとも合法的なマイニングに関しては)。9月には、中国はすべての暗号関連事業を違法に禁止したため、同地でのビットコインやその他の暗号通貨のマイニングに対する魅力はさらに低下しました。

一方、世界のハッシュレートに占める米国のシェアは、4月の17%から8月には35%に上昇したのに対し、カザフスタンのシェアは同期間に8%から18%に上昇しました。ロシアはカザフスタンに次ぐ11%のシェアで、2020年11月の7%から上昇します。

"中国の閉鎖は、業界と米国のマイナーにとって素晴らしいものでした。"と、ラスベガスでミントされたコインをマイニングしているMarathon Digital Holdings社の最高経営責任者であるFred Thiel氏はFTとの対談で述べました。「一晩で、同じ限られた数のコインを狙うプレイヤーが減ったのです」。

米国では、一部の暗号通貨マイニング会社が、停止した石炭を燃料とする発電所を買収して、ファームを養っていたほどです。一方、カザフスタンでは、中国から来たマイナーが近くの州に設備を移したため、電力不足に直面しています。カザフスタン政府は、暗号通貨のパイを獲得するために、来年から始まる特別な暗号通貨税を可決しました。

毎日900枚ビットコインがマイニングされている

ティールは、毎日約900枚のビットコインがマイニングされていると推定します。今年の初めには、ビットコインのマイニングに必要な電力は、アルゼンチンやウクライナなど、約4,500万人が暮らす国よりも多いことが明らかになりました。

当然のことながら、ビットコインをはじめとする暗号通貨のマイニングは、エネルギーが安い国で行うのが最も経済的に合理的です。しかし残念なことに、最も安価なエネルギーは、大気を汚染する傾向のある石炭などの化石燃料を燃料とする発電所から供給されています。

これまでのところ、暗号通貨のマイニングによる二酸化炭素の影響についての詳細な調査結果は発表されていませんが、控えめに言ってもかなり具体的な影響があるはずです。その一方で、暗号通貨のマイナーたちは、ヨーロッパと北米で新しいファームを展開しています。2つの地域は、これまでずっとCO2排出量と戦ってきた地域です。

マイニングリグメーカーであるEbang International Holdingsの担当者は、先日ロイターに対し、「当社の現在の焦点は、北米と欧州における規格に準拠したマイニングファームの建設を加速させることです」と語ります。

みんなの自作PC

さらに表示