GeIL社、Intel Alder LakeとAMD Zen 4対応のDDR5-5600モジュールを発売

GeIL社、Intel Alder LakeとAMD Zen 4対応のDDR5-5600モジュールを発売

ソース:Tom's Hardware

シェア

今週初め、GeIL社は公式発表がなされる前に、同社のDDR5-4800メモリモジュールの販売をAmazonとNeweggで開始しました。今回、同社は愛好家向けにPolaris RGB DDR5メモリモジュールおよびキットの仕様を公開しました。GeILのPolaris RGB DDR5 DIMMのラインナップは、様々なニーズや予算を持つエンスージアストに対応します。さらに、GeIL社は、Intel Z690とAMD Zen 4の両方のプラットフォームとの互換性を主張します。

次世代プラットフォームに対応:Z690とZen 4

GeIL社のPolaris RGB DDR5の発表で最も興味深いのは、同社のDDR5モジュールが、今後数週間で市場に投入されるIntelの第12世代Core「Alder Lake」プロセッサだけでなく、2022年に登場するAMDのZen 4マイクロアーキテクチャをベースにした次世代Ryzen CPUとも互換性があるとすることです。

GeIL Memory社の副社長であるJennifer Huang氏は、「Polaris DDR5は、市場で入手可能な初のRGBイルミネーション付きDDR5メモリモジュールです。GeILは、新しいPolaris RGB DDR5やその他の次期GeIL DDR5メモリ製品が、Z690やZen4プラットフォームを含むIntelとAMDの両方のマザーボードで最高の互換性と信頼性を持つことを保証するために、すべての主要なマザーボードメーカーと密接に協力しています。"

最大で5600MT/s

今後数週間のうちに、GeILはJEDEC標準のPolaris RGB DDR5-4800 CL40 1.1Vモジュールを8GB、16GB、32GBの容量で提供しますが、XMPプロファイルはありません。より高速なものをお求めの方には、オーバークロックを容易にするXMP3をサポートした1.15Vの16GB DDR5-5200 CL34と1.25Vの16GB DDR5-5600 CL38のDIMMを提供します。これらのモジュールは、単品での販売のほか、デュアルチャネルキットでの販売も予定します。

GeIL社製Polaris RGB DDR5モジュール

ModeTimingsVoltageModule CapacityKit CapacityXMPIntel Z690
DDR4-4800CL40 40-40-771.1 Volts8 GB16 GB-+
DDR4-4800CL40 40-40-771.1 Volts16 GB32 GB-+
DDR4-4800CL40 40-40-771.1 Volts32 GB64 GB-+
DDR4-5200CL34 38-38-781.15 Volts16 GB32 GBXMP 3.0+
DDR4-5600CL38 44-44-841.25 Volts16 GB32 GBXMP 3.0+

DDR5-5600は、DDR5-4800に比べてメモリ帯域幅が17%向上するが、GeILが5月に事前発表したDDR5-7200モジュールにはまだ遠く及びません。もちろん、GeIL社をはじめとするDRAMモジュールメーカーは、時間をかけてDDR5-6800やDDR5-7200のDIMMを開発していくだろうが、今年中にそのようなモジュールが大量に出回る可能性はないと思われます。いずれにしても、市場のベストRAMモジュールのリストに入るには、DDR5-5600で十分だろう。

GeILのPolaris RGB DDR5モジュールには、レッド、チタングレー、グレイシャーホワイトのヒートスプレッダが装備されており、上部にはアドレス指定可能なRGB LEDが搭載されるので、改造派には嬉しい限りです。一方、同社によれば、そのヒートスプレッダーは、大多数の大型CPUクーラーに干渉しないという。

みんなの自作PC

さらに表示