Intel Raptor Lake CPU、初期のリークベンチマークでCore i9-12900K、Ryzen 9 5950Xに敗北

Intel Raptor Lake CPU、初期のリークベンチマークでCore i9-12900K、Ryzen 9 5950Xに敗北

ソース:Tom's Hardware

シェア

ハードウェア探偵のKomachi_Ensakaさんが、インテルのRaptor Lakeプロセッサーの最初のベンチマークと思われるものを掘り出してきました。Alder Lakeは先日登場したばかりですが、インテルはすでにその後継機への道を準備しています。

BAPCoのクロスマークソフトウェアは、第13世代のRaptor Lakeチップを「Intel 0000純正」プロセッサと表示したため、正確なモデルは今のところ不明です。したがって、ソフトウェアが未発表のハードウェアを誤報するのは普通のことなので、仕様は大目に見ておく必要があります。

報告書によると、Raptor Lakeプロセッサーは24コアと32論理コアを振るとされます。参考までに、Core i9-12900Kは、Golden Coveコア8個、Gracemontコア8個、合計16コア、24論理コアを搭載します。コア数はソフトウェア側の報告ミスである可能性もありますが、より可能性が高いのは、インテルがRaptor LakeのEコア数を増やしたことです。インテルはRaptor Lakeにさらにグレースメントコアを追加するのではないかという噂があり、今回の謎のRaptor Lakeプロセッサーに関する報告では、8P+16Eの設計が示されます。

Raptor Lakeプロセッサーをテストした人物または企業は、Crossmarkのデータベースから提出物を消去しましたが、これはあまり驚くことではありません。実際、インテルは、Crossmarkベンチマークを作成したBusiness Applications Performance Corporation(BAPCo)と密接な関係を築いてきた経緯があります。このベンチマークを自分たちのテストでは使用していませんので、特にAMDのテスト結果を見る際にはその点を考慮してください。

また、Raptor Lakeプロセッサーは初期のエンジニアリングサンプルであることも強調しておきます。これは、Alder Lakeで見られたのと同様に、クロック速度が確定しておらず、ソフトウェアも最適化されていない可能性が高いことを意味します。初期のサンプルは、固定されたクロック数で動作している可能性が非常に高いです。

BapCoのソフトウェアは我々のベンチマークスイートに含まれていないので、HotHardwareの結果を比較してみましょう。HotHardwareは、Core i9-12900KとDDR5-4800メモリを組み合わせており、これはCrossmarkに登録されたデータレートと同じです。そのため、結果は比較できるはずです。

インテル Raptor Lake CPU ベンチマーク

ProcessorOverallProductivityCreativityResponsiveness
Core i9-12900K2,3762,2552,4862,430
Ryzen 9 5950X1,6941,6721,7461,609
Raptor Lake1,5911,4511,8041,442

全体として、Core i9-12900KはRaptor Lakeプロセッサーよりも最大で49.3%高いパフォーマンスを実現しました。また、「Ryzen 9 5950X」でも6.5%の差をつけられており、これはインテルにとって少し恥ずかしいことです。しかし、Raptor Lakeの性能を確認するには、さらにリークされたベンチマークを待たなければなりません。

Raptor Lakeは、2022年にAlder Lakeと同じLGA1700ソケットに搭載される予定です。デジタルリニア電圧レギュレータ(D-LVR)に関する最近のインテルの特許によると、Raptor Lakeの消費電力は25%低下すると言われます。その他の噂では、第13世代プロセッサーは、性能向上のために改良されたハイブリッドデザインと、ゲーム用に強化されたCPUキャッシュを搭載して登場すると言われます。

関連ニュース

みんなの自作PC

さらに表示