AMD X570Sマザーボードのリストは、チップセットの更新が近いことを示唆

AMD X570Sマザーボードのリストは、チップセットの更新が近いことを示唆

ソース:Tom's Hardware

シェア

本日、ギガバイト(Komachi_Ensaka経由)は、ユーラシア経済委員会(EEC)に大量のX570Sマザーボードを登録しました。新しい登録は、AMD側のチップセットの更新の可能性を示唆しています。

EECへの登録は、ちょっとした当たり外れがあります。ベンダーはしばしば製品をEECに登録しますが、すべてが市場に出回るわけではありません。時には、企業はモデル名を独占したいだけです。X570Sチップセットが出てきたのは今回が初めてなので、情報を鵜呑みにしてはいけません。しかし、X570Sチップセットの存在にはいくつかの説があります。

チップメーカーを含むメーカーは通常、新しいプロセッサの波が来ると新しいチップセットをリリースします。AMDのZen 4チップはまだ先の話なので、新しいチップセットを保証する最も近い候補は、噂されているZen 3+(ウォーホル)のリフレッシュです。この噂を裏付ける具体的な情報は何もありませんが、年内にZen 3+が発売される可能性があるという話があります。もしZen 3+が本当なら、おそらくZen 3と同じ機能セットを維持することになるでしょう。改良点はおそらく、わずかな周波数の上昇という形で現れるでしょう。

Gigabyte X570Sマザーボード

MotherboardForm FactorChipset
Gigabyte X570S Aorus MasterATXX570S
Gigabyte X570S Aorus Pro AXATXX570S
Gigabyte X570S Aorus EliteATXX570S
Gigabyte X570S Aorus Elite AXATXX570S
Gigabyte X570S Gaming XATXX570S
Gigabyte X570S UDATXX570S
Gigabyte X570S Aero GATXX570S
Gigabyte X570SI Aorus Pro AXMini-ITXX570S

また、X570Sは、X570チップセットを最適化したものではないかという説もあります。X570は、PCIe 4.0に対応していることが特徴の一つです。しかし、これはX570チップセットが従来のX470チップセットに比べてより多くの電力を消費することを意味します。その結果、X570マザーボードには、小さなファンの形でチップセットのアクティブ冷却が付属しています。もちろん、多くのエンスージアストはこのソリューションを好まず、AMDは後に新しいAGESAコードをリリースし、パッシブなチップセットソリューションをサポートするようになりました。

X570Sの "S"が何を意味するのか、最大の未知数であることは言うまでもありません。論理的には、「Silence」または「Silent」を意味し、温度を制御するための冷却ファンを必要としないX570チップセットの可能性を示唆していると考えられます。Asusの「ROG Crosshair VIII Dark Hero」やGigabyteの「X570 Aorus Xtreme」など、チップセットファンを必要としないX570マザーボードがすでに市場に出回っていることを考えると、この考えはあながち的外れではありません。しかし、これらの製品は、そもそも熱の発生が少ない電力最適化チップではなく、より大きなヒートシンクに頼る傾向があります。

関連ニュース

みんなの自作PC

さらに表示