シーゲイト、世界最速のHDD「Mach.2」を発表

シーゲイト、世界最速のHDD「Mach.2」を発表

ソース:Tom's Hardware

シェア

シーゲイトは、デュアルアクチュエーター搭載のハードディスクドライブ「Mach.2 Exos 2X14」をついに自社サイトに掲載し、正式なスペックを公開しました。Mach.2は、524MB/sの持続的な転送速度を持つ、史上最速のHDDで、シーケンシャルリードとライトの性能は、通常のドライブの2倍です。実際に、安価なSATA SSDの一部にも挑戦することができます。

このHDDはまだ一部の顧客にしか提供しておらず、少なくとも当分の間は一般市場では販売されません。一方、シーゲート社の仕様公開では、マルチアクチュエーター搭載のハイエンド・ハードディスク・ドライブにどのような性能が期待できるかが示されています。

シーゲイト、初のMach.2 HDD「Exos 2X14」を発表

シーゲイトのExos 2X14 14TBハードディスク・ドライブは、2台の7TB HDDを1つの標準的な密閉型ヘリウム充填3.5インチ・シャーシに搭載したものです。このドライブは、7200RPMのスピンドル速度を備え、256MBのマルチセグメント・キャッシュを搭載し、シングルポートSAS 12Gb/sインターフェイスを使用します。ホスト・システムは、Exos 2X14を独立してアドレス指定可能な2つの論理ドライブとみなします。

シーゲイトのExos 2X14は、524MB/sの持続的な転送速度(外径)、304/384のランダムリード/ライトIOPS、4.16msの平均レイテンシーを誇ります。Exos 2X14は、シーゲート社の15K RPMの「Exos 15E900」よりもさらに高速であるため、まさに史上最速のHDDであると言えます。

さらに、シーケンシャルリード/ライトの速度は、安価なSATA/SAS SSD(TBあたりのコストははるかに低い)に対抗できます。もちろん、どんなSSDでも、ランダムな読み書きではHDDよりも速いことは間違いありません。しかし、ハードドライブとソリッドステートドライブは、データセンターの異なるストレージ層に使用されているため、比較は正確には実行できません。

しかし、パフォーマンスの向上は、より高い消費電力の代償を伴います。Exos 2X14ドライブの消費電力は、アイドルモードで7.2W、高負荷時には最大13.5Wであり、これは最新の大容量ヘリウム充填ドライブよりも高いです。さらに、3.5インチHDDに通常推奨されている12Wよりも高くなっています。

シーゲイトによると、空気を充填したHDDの中にも電力を消費するものがあるため、十分な電力を供給し、適切な冷却を確保できるバックプレーンやサーバーがたくさんあるので、消費電力は問題にならないという。さらに、このドライブは、ワット当たりの性能とワット当たりのIOPSのバランスがかなり良いです。また、データセンターでは、シーゲイトのPowerBalance機能を使用して消費電力を削減することができますが、その代償としてシーケンシャル・リード/ライトの速度が50%低下し、ランダム・リード/ライトが5%~10%低下します。

シーゲイトの広報担当者は、「3.5インチの空気充填式HDDは、何年も前からExos 2X14と非常によく似た電力エンベロープで動作しています」と説明しました。"また、Exos 2X14はパワーバランスをサポートしており、顧客が12W以下に電力を削減できる設定になっていますが、これにはシーケンシャル・リードで50%、ランダム・リードで5~10%の性能低下が伴うことも注目に値します。

Exos 2X14は主にクラウドデータセンターを対象としているため、その特殊性はすべて何らかの形で軽減されるように設定されており、消費電力が多少高くなっても、対象となる顧客にとってはほとんど問題になりません。とはいえ、ドライブは少なくとも今のところ、一般市場では販売されません。

Seagateは、2017年後半からMicrosoftと共同でデュアルアクチュエーターHDD(Mach.2と呼ばれる)の実験を公開しており、その後、他のパートナーにも利用可能性を広げ、今年初めには、このようなドライブの出荷をさらに増やすと述べました。

デュアルアクチュエーターHDDをより広く利用できるようにするには、Seagateがその機能を顧客にもっと伝える必要があり、そのためにExos 2X14のスペックを最近公開したのです。

シーゲイト・テクノロジーのビジネス・マーケティング担当上級副社長であるJeff Fochtmanは、「当社は2019年に[Mach.2 HDD]の大量出荷を開始し、現在は顧客ベースを拡大しています」と述べました。「十数社の主要なお客様が、アクティブなデュアルアクチュエータープログラムを進行中です。お客様のニーズに合わせて容量を増やしていく中で、Mach.2は基本的にストレージ内のドライブ性能をハイパースケール・デプロイメントに対するお客様の期待値に合わせて維持することで、お客様が求める性能を保証します。」

HDDの競争力維持

歴史的に見て、HDDメーカーは容量と性能を重視しており、世代が変わるたびに容量が増え、性能も若干向上していました。10年以上前にニアラインHDDが登場すると、HDDメーカーは消費電力にも着目するようになりました。データセンターに何万台ものHDDを設置すると大量の電力を消費するため、AWSやGoogle、Facebookなどの企業にとって重要な要素となりました。

ハードディスクドライブの容量がさらに増加すると、新世代がもたらす通常の性能向上はそのままに、TBあたりのランダムリード/ライトIOPS性能が、データセンターやそのQoS(サービス品質)要件にとって快適なレベルを超えて低下することが判明しました。そこでデータセンターは、HDDのランダムIOPS/TB性能をさまざまなキャッシングメカニズムで緩和し、さらにはHDDの容量を制限するようになりました。

ハードディスクドライブの競争力を維持するために、メーカーは容量の増加、シーケンシャルリード/ライト性能の向上または維持、ランダムリード/ライトIOPS-PET-TB性能の向上または維持、そして消費電力の抑制を継続的に行う必要があります。HDDの性能を向上させる比較的簡単な方法は、読み取り/書き込みヘッドに複数のアクチュエータを使用することです。

すべての人のためではありません。 まだ

デュアルアクチュエーターを搭載したHDDは、シーゲート社が最初に商品化したが、ライバルである東芝やウエスタンデジタル社も同様のHDDを開発しています。

"フォクトマンは、「Mach.2は、現在も使用されていますが、実際にはまだ技術的な段階にあります。"30TB以上の容量に到達すれば、多くの大規模データセンター環境で標準的な機能となるでしょう」と述べました。

今のところ、シーゲイトのデータセンターやサーバの顧客のほとんどは、容量とTBあたりのIOPS性能のバランスが取れた大容量のシングルアクチュエーターHDDを入手できるため、メーカーはチャネルを通じてExos 2X14を販売する必要はありません。一方、シーゲイトのHAMRベースのHDDの容量が2026年に50TBを超えるようになれば、デュアルアクチュエーター・ドライブを必要とする顧客が出てくるだろう。

関連ニュース

みんなの自作PC

さらに表示