6月24日のイベントでWindowsの大きな変更が行われる

6月24日のイベントでWindowsの大きな変更が行われる

ソース:Tom's Hardware

シェア

昨年来、WindowsのUXデザインを一新する「Sun Valley」の情報を耳にしていましたが、いよいよその姿を目にすることができそうです。マイクロソフトは本日、6月24日に「What's next for Windows」を詳しく説明するライブストリームを開催することを発表しました。

Microsoft Buildでは、サティア・ナデラCEOが、Windows 10の将来像を間もなく目にすることができると予告しました。すでに、システムアイコンにごくわずかな変更が加えられました。

5ヶ月前に、マイクロソフトがWindows UXのオーバーホールのために、おそらくサンバレーで求人を出したと報告しましたが、ついにその成果が見られるかもしれません。当初の求人情報では、この改革には「Windowsが復帰することを顧客に知らせるために、Windowsエクスペリエンスの視覚的な刷新を徹底的に行う」と書かれていたので、かなり大きなアップデートになりそうです。

また、サンバレーの報道では、スタートメニュー、アクションセンター、ファイルエクスプローラーなどのWindowsの定番機能に「モダンなデザイン、より優れたアニメーション、新機能」を導入することに重点を置くとされました。

UXのオーバーホールには、Windows 10Xの要素が含まれている可能性があります。Windows 10Xは、デュアルスクリーンデバイス用のOSで、チームがデスクトップ版に集中するために先月廃止されたばかりです。

さらに、マイクロソフトは、より多くのソフトウェアやゲームを受け入れ、開発者に自由を与えるために、Microsoft Storeを再編成しているという報告もあります。

これが21H2の一部なのか、次に予定されている大きなアップデートなのか、それとももっと早く来るものなのかは明らかではありません。

みんなの自作PC

さらに表示