再起動せずにマザーボードのUEFIをアップデートできるインテルの新機能

再起動せずにマザーボードのUEFIをアップデートできるインテルの新機能

ソース:Tom's Hardware

シェア

Phoronixの報告によると、Intelは「Intel Seamless Update」ソリューションを準備し、システムファームウェアのライブアップデートを可能にするパッチをLinuxカーネルに提出しました。この機能は、まずLinuxに搭載されるようですが、Windowsにも搭載される可能性があると考えるのが妥当でしょう。

マザーボードのUEFI/BIOSなど、システムのファームウェアを更新する際には、多くの場合、再起動してインストール作業を完了させる必要があります。しかし、ミッションクリティカルなシステムでは、ダウンタイムをほぼゼロにすることが求められており(アップタイムを100%にすることはできません)、インテルはそのためのソリューションをかなり前から開発してきました。

「Intel Seamless Update」と呼ばれるこの機能は、UEFIのようなシステムのファームウェアを、再起動を必要とせず、ランタイム、つまり通常のプログラムとしてOSの内部で更新することを可能にします。この機能は、ダウンタイムに関するサービスレベルアグリーメント(SLA)が高いインテルの顧客を対象としており、顧客はシステムが常に利用可能であることを期待しています。一般的なUEFIアップデートは数分を要し、お客様のインフラに影響を与え、高価なダウンタイムの原因となります。

Linuxカーネル用のインテル・シームレス・アップデート機能は、プラットフォーム・ファームウェア・ランタイム・アップデートのACPI(Advanced Configuration and Power Interface)ドライバーを備えており、OS側で起こるすべての出来事を管理します。これによりインテルは、PFRUがOSのファームウェアログをすべて取得して記録し、システムの実行中にファームウェアのパッチを適用することを目指しています。

これらの作業はすべて、お客様がより多くのことを、できるだけ中断することなく行えるようにするという、ひとつの目的のために行われます。ファームウェアのアップデートは、作業中にシステム全体が停止してしまうため、非常にリスクの高い作業となりますが、それをランタイムで実行するというのは非常に興味深いアプローチです。Intel Sapphire Rapids Xeonプロセッサが発売された暁には、このシームレスアップデート機能が主流となり、プロセッサの広告宣伝の一つとして活用されることを期待しています。

関連ニュース

みんなの自作PC

さらに表示