AsusLaysが世界初のクアッドバンドWi-Fi6Eゲーミングルーターを発表

AsusLaysが世界初のクアッドバンドWi-Fi6Eゲーミングルーターを発表

ソース:Tom's Hardware

シェア

Asusは、最新の提案であるROG Rapture GT-AXE16000ゲーミングルーターでネットワーク領域を前進させようとしています。一見すると、クモのような8本のアンテナを持つ典型的な大げさなベストゲーミングルーターのように見えます。しかし、ROG Rapture GT-AXE16000が他と一線を画しているのは、ゲーミングルーターとして初めてクワッドバンドWi-Fi 6Eに対応しました。

6GHz帯が1つあり、最先端のネットワーク機器(最大4,804Mbps)と2つの5GHz帯(各4,804Mbps)に対応しています。4つ目のバンドは2.4GHz帯の機器専用で、合計1,148Mbpsの帯域を提供し、合計16,000Mbpsとなります。なお、Asusは、本製品が初のクアッドバンド「ゲーミング」Wi-Fi 6Eルーターであることをアピールしていますが、Netgear Orbi 960シリーズが初のクアッドバンドWi-Fi 6Eルーターとして昨年登場したことを申し添えます。

Asusは、AiMesh対応ルーターと接続する場合、2つ目の5GHz帯を専用のバックホールとして利用できることを強くアピール。これは、自宅の手の届きにくい場所や、例えば戸建てのガレージ/作業場などでWi-Fiカバレッジを拡張する必要がある場合に役立つでしょう。

しかし、ROG Rapture GT-AXE16000は、ワイヤレスネットワークに優れているだけでなく、デバイスを扱うための豊富な有線ポートも備えています。4つのGbEポート(ポートボンディング対応)と2つの10GbEポート、さらに2.5GbE WANポートがあります。すべてのポートがWAN用に設定可能なので、複数のISPから同時にサービスを受けるなど、消費者中心の[非定型]シナリオをサポートすることができます。実行するのは、2GHzのクアッドコア・プロセッサです。

Asusは、既存のROG Rapture GT-AX11000にも注目し、いくつかの改良とその名前に「Pro」が追加されたことを確認しました。このトライバンドルーターは、2つの5GHz帯(各4,804Mbps)と1つの1,149Mbps 2.4GHz帯を搭載しているのが特徴。Asusはまた、前の2つのチャンネルに加え、3つ目の高出力160Hzチャンネルを追加して、5GHz帯を開放しました。

Asusのフラッグシップルーターほどではありませんが、ROG Rapture GT-AX11000 Proは、有線用に4つのGbE、1つの2.5GbE、1つの2.5GbE WANポートを提供しています。また、ROG Rapture GT-AXE16000と同じ2GHzのプロセッサを使用しています。

Asusは、ROG Rapture GT-AXE16000またはGT-AX11000 Proの販売時期や価格はまだ明示していません。ただし、既存のGT-AX11000の希望小売価格は449ドルです。

みんなの自作PC

さらに表示