Alder Lake Celeronは、シングルコアベンチマークでi9-10900Kと一致します

Alder Lake Celeronは、シングルコアベンチマークでi9-10900Kと一致します

ソース:Tom's Hardware

シェア

IntelのCeleronおよびPentiumチップは、必ずしもそれらに値する愛を得るとは限りません。ただし、Alder Lake Celeron SKU、特にCeleron G6900は、最新のGeekbench 5の結果(Benchleaks経由)が正確である場合、深刻なパンチを詰め込む可能性があります。

希望小売価格42ドルのCeleronG6900は、2つのGolden Coveコアを揺るがし、ハイパースレッディングを備えていません。さらに、デュアルコアプロセッサはIntelのブーストテクノロジーにアクセスすることすらできず、3.5GHzのベースクロックに固執します。つまり、CeleronG6900はAlderLakeバレルの下部にありますが、チップにはIntelの最新のGolden Coveコアが搭載されているため、過小評価しないでください。

Geekbench 5の提出によると、CeleronG6900は16GBのDDR4メモリとペアになったASRockZ690M Phantom Gaming4マザーボード上にありました。ASRockマザーボードを使用すると、プロセッサの電力制限を引き上げてベースクロックのオーバークロックを可能にする同社のBase Frequency Boost (BFB)テクノロジへのアクセスなどの利点があります。結果はプロセッサごとに異なりますが、CeleronG6900は1GHzの増加の恩恵を受け、ベンチマーク中に4.4GHzで実行できるようになりました。

Celeron G6900は、シングルコアテストで1,391ポイントと1,408ポイントを獲得しました。比較のために、Core i9-10900K(Comet Lake)は、同じテストで平均1,393の問題を抱えています。したがって、プレブスのCeleron G6900は、シングルコアパフォーマンスのCorei9-10900Kと同じレベルにあります。5.3GHzのSkylakeから派生したCometLakeコアのパフォーマンスと一致する4.4GHzのGoldenCoveコアを検討しています。論理的には、後者はコア数がはるかに多いため、CeleronG6900で床を拭きます。

Geekbench 5の平均プロセッサスコアによると、AMDチップと比較して、CeleronG6900はAMDのRyzen5 5600G (4.4GHzのZen3)APUよりもわずか5%遅いシングルコアパフォーマンスでした。ただし、Celeron G6900は、調整されたRyzen 7 3800XT(4.7GHzのZen2)よりもわずかに高速でした。

Celeron G6900は、予算の消費者のニーズに対応する、インテルが最近発表した非K Alder LakeSKUの一部です。在庫がある場合、デュアルコアAlderLakeチップの小売価格は59.99ドルです。

みんなの自作PC

さらに表示