Corei9-12900HKがCinebenchR20ベンチマークでThreadripper1950Xを打ち負かす

Corei9-12900HKがCinebenchR20ベンチマークでThreadripper1950Xを打ち負かす

ソース:Tom's Hardware

シェア

昨日 、ルーマニアの技術レビューサイトLab 501は、Intelの新しいモバイルCore i9-12900HK( Alder Lake)プロセッサ の世界初のレビューの1つを発表しました。Intelのまったく新しいハイブリッドコアマイクロアーキテクチャを搭載したCPUは、CinebenchR20でAMDのデスクトップRyzenThreadripper1950Xを打ち負かしました。

Core i9-12900HKは、第12世代Coreシリーズ向けのIntelの新しいフラッグシップモバイルパーツになります。6つのPコアと8つのEコア、24MBのL3キャッシュ、最大周波数5 GHzを含む仕様で、紙のインテルの第11世代モバイルパーツからの本格的なアップグレードです。

実際には、チップはすべてのビットと仕様の内容を実行します。Eコアの追加コア数とGoldenCoveコアの強化されたIPCのおかげで、Corei9-12900HKは6,741ポイントという印象的なCinebenchR20スコアを達成しました。これは、これまでに見たどのモバイルCPUよりも高いスコアです。 IntelのデスクトップCorei5-12600Kと同等です。

参考までに、Intelの以前のモバイルフラッグシップであるCore i9-11980HKは、新しいAlder Lakeパーツから約1,000ポイント遅れており、スコアは5,772ポイントです。さらに後ろには、AMDのトップクラスのモバイルプロセッサの1つであるRyzen 95900HXがあります。スコアは5,229ポイントです。

しかし、最も印象的なのは、Core i9-12900HKが、CinebenchR20のリファレンスであるRyzenThreadripper 1950Xのスコア6,670ポイント(アプリを自分でインストールすることで見つけることができます)を完全に上回った最初のモバイルCPUです。Ryzen Threadripper 1950Xを考えると、印象的な結果は、デスクトップ用に設計された16コアのZenコアを備えた180Wの巨大なものです。

みんなの自作PC

さらに表示