ちとせ様 構成案

めーじゅ

同じ価格帯のBTOパソコン

パーツリスト

CPU
Intel Core i7 10700 BOX
Intel Core i7 10700 BOX

8 コア | 16 スレッド | 2.9 GHz | LGA 1200 | 65 W

Amazon.co.jp¥35,009

x1

CPUクーラー
ProArtist GRATIFY3
ProArtist GRATIFY3

サイドフロー型 | 120x120x25 mm | 80.0 CFM | 2020-12-03発売

Amazon.co.jp¥2,521

x1

マザーボード
ASRock H470 Steel Legend
ASRock H470 Steel Legend

INTEL H470 | ATX | LGA 1200 | USB Type-C

TSUKUMO¥13,970

x1

SSD
Western Digital WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C
Western Digital WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C

容量 1TB | 3D MLC | M.2 (Type2280) | PCI-Express Gen3

PC-IDEA¥12,480

x1

電源
Antec NeoECO Gold NE750G
Antec NeoECO Gold NE750G

750 W | ATX | 80PLUS Gold | プラグイン対応 | 2017-12-23発売

ソフマップ.com¥10,800

x1

総計

電源 306W/推奨 459W 以上

推奨 459W 以上

¥156,618

現在値段がかなりこなれてきたIntel Core i7 10700を選定、それに対応するマザーボードで値段、安定性を重視してH470 Steel Legendをチョイス。これは部品点数を少なくしたことでノイズの低減、故障する箇所を減らすことを設計思想としたマザーボード。メモリはJEDEC準拠のネイティブメモリを選ぶことでメモリ原因のエラー、不具合を極力減らすことを目的としている。ビデオカードはコストと冷却性の観点からZOTAC社のものを選定、現在はグラフィックスカードの高騰があるがすぐに欲しい場合でもこれなら在庫はある。グラフィックスカードを買わなくてもIntel Core i7 10700には内蔵グラフィックスが搭載されているので重たいゲームは無理だが軽いゲーム(Minecraftをバニラ環境で遊ぶなど)であれば動かすことができるのでグラフィックスカードを待つということも可能。SSDはゲームをたくさん入れても大丈夫なように1TB、電源はSeasonicがOEM元のAntec Neo Eco GOLDを選定。ケースは価格と見た目、クオリティからNZXT製を選定。

なおこの構成案のほかにOSが別途必要となります。

4834
4834

R20マルチコア

499
499

R20シングルコア

シェア

#ゲーミングの自作PC

#ゲーミングの自作PCをさらに表示