Mini-ITXでそれなりのスペックを求めて

エグチのセット。

同じ価格帯のBTOパソコン

パーツリスト

CPU
Intel Core i5 10400F BOX
Intel Core i5 10400F BOX

6 コア | 12 スレッド | 2.9 GHz | LGA 1200 | 65 W | 2020-06-19発売

PC-IDEA¥15,980

x1

CPUクーラー
サイズ 大手裏剣 参 SCBSK-3000
サイズ 大手裏剣 参 SCBSK-3000

トップフロー型 | 120x120x17 mm | 50.8 CFM | 2019-01-24発売

ドスパラ¥4,326

x1

マザーボード
ASUS ROG STRIX H470-I GAMING
ASUS ROG STRIX H470-I GAMING

INTEL H470 | Mini ITX | LGA 1200 | USB Type-C | Wi-Fi 6 | 2020-05-27発売

PCワンズ¥18,126

x1

SSD
ADATA XPG SPECTRIX S40G AS40G-512GT-C
ADATA XPG SPECTRIX S40G AS40G-512GT-C

容量 512GB | 3D TLC | M.2 (Type2280) | PCI-Express Gen3 | 2019-07-26発売

ドスパラ¥8,280

x1

ケース
Fractal Design Era ITX FD-CA-ERA-ITX
Fractal Design Era ITX FD-CA-ERA-ITX

Mini-ITX | グレー/ホワイト/グレー/ホワイト/ゴールド/ホワイト/シルバー/ホワイト/グレー/ホワイト | 2020-05-15発売

TSUKUMO¥19,283

x1

電源
Corsair RM650x CP-9020178-JP
Corsair RM650x CP-9020178-JP

650 W | ATX/EPS | 80PLUS Gold | プラグイン対応 | 2018-06-23発売

Amazon.co.jp¥11,973

x1

ケースファン
In Win Sirius Loop ASL120 ASL120FAN-1PK
In Win Sirius Loop ASL120 ASL120FAN-1PK

120 mm | 1800 rpm | 27.0 dB | 2019-07-24発売

PCワンズ¥1,078

x2

総計

電源 271W/推奨 406W 以上

推奨 406W 以上

¥117,382

なるべくコンパクトに収めたい構成。

1番のこだわりはケース、fractal designのMini-ITX用Era-itx。サイズ良し、見た目良し、ATX電源もOK(拡張性が悪くなるのでSFX推奨ではあるが)。ただ通気性が悪いので120mmケースファンを上部に2つ追加。

CPUは発熱が少なくそれなりのスペックで安価なi5 10400F。上位互換にi7 10700F。ケースの排熱を考えるとこれが限界に思える。水冷ならもう少しいけるかも?

グラボはミドルレンジで安価な1660sを選択。

マザボは作業のしやすさを求めてASUS製、せっかくなのでROGを選択。z490は高すぎるがb460とh470では2000円ほどしか変わらなかったのでh470を採用。

クーラーは空冷を好んでいるのでケースに入る空冷で無難なのを選択。個人的にはノクチュアのファン(茶色いやつ)の見た目が好きじゃない(どうせ見えないのだが)ので大手裏剣参にした。

メモリはなんとなくゲーミングっぽいのを選んだ。光っても意味ないので光らないやつ。

SSDはキオクシアのハイエンド500GBに変更して性能up(キオクシアはリストになかったのでADATAのはとりあえず)。

電源はなるべく線を減らしたいのでCorsairのフルプラグインを採用。将来的にグラボを載せ替えることやSSDを増やすこと、CPUの載せ替えも考慮して650wをチョイス。

OSはWin10 DSP版、ツール作成用に16GBメモリ(完全に空)を別途用意。

モニターはASUS TUF23.8インチFHD

で約15万(OS、モニター込)。

シェア

#ゲーミングの自作PC

#ゲーミングの自作PCをさらに表示