(年末購入)ゲーム配信・動画編集用のPC

KON PENGUIN

同じ価格帯のBTOパソコン

パーツリスト

CPU
AMD Ryzen 9 5900X BOX
AMD Ryzen 9 5900X BOX

12 コア | 24 スレッド | 3.7 GHz | Socket AM4 | 105 W | 2020-11-06発売

PCSHOPアーク¥76,800

x1

CPUクーラー
Noctua NH-D15 chromax.black
Noctua NH-D15 chromax.black

サイドフロー型 | 140x150x25 mm | 2019-11-08発売

ドスパラ¥12,408

x1

マザーボード
MSI MAG X570S TOMAHAWK MAX WIFI
MSI MAG X570S TOMAHAWK MAX WIFI

AMD X570 | ATX | Socket AM4 | USB Type-C | Wi-Fi 6 | 2021-09-03発売

ドスパラ¥32,111

x1

SSD
Crucial P5 Plus CT1000P5PSSD8JP
Crucial P5 Plus CT1000P5PSSD8JP

容量 1TB | 3D MLC | M.2 (Type2280) | PCI-Express Gen4 | 2021-08-01発売

Amazon.co.jp¥20,808

x1

HDD
Western Digital WD60EZAZ-RT [6TB SATA600 5400]
Western Digital WD60EZAZ-RT [6TB SATA600 5400]

容量 6TB | 3.5インチ | 5400 rpm | Serial ATA600 | 2019-02-01発売

ソフマップ.com¥10,188

x1

ケース
Fractal Design Define 7 TG Light Tint FD-C-DEF7A
Fractal Design Define 7 TG Light Tint FD-C-DEF7A

Extended ATX | ブラック/グレー | 2020-02-28発売

ドスパラ¥23,000

x1

電源
FSP Hydro PTM PRO 1200W HPT2-1200M
FSP Hydro PTM PRO 1200W HPT2-1200M

1200 W | ATX | 80PLUS Platinum | プラグイン対応 | 2021-05-21発売

ECJOY!¥26,196

x1

ケースファン
Fractal Design FD-F-AS1-1406 [ブラック]
Fractal Design FD-F-AS1-1406 [ブラック]

140 mm | 1000 rpm | 19.5 dB | 2021-07-09発売

Amazon.co.jp¥6,649

x2

その他

Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用

Windows 10 Home 日本語版/May 2019 Update適用

¥17,527

x1

その他

Thermal Grizzly オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス Hydronaut 1g

Thermal Grizzly オーバークロック用特別設計高性能熱伝導グリス Hydronaut 1g

熱伝導率:11.8W/m・k 粘度:140~190pas 耐熱温度:-200℃~350℃ 容量:1g 付属品:メーカーロゴ入り特製へら x 1 シミラボ グリスクリーニングシート x 2 RoHS指令:準拠 シリコンを含まないため、低分子シロキサンガス発生等による接点障害を起こしません。 非導電性のため、ショートの心配がありません。 包装袋は再封可能なジッパー付を採用しております。余ったグリスを乾燥から守ることができ、劣化を抑えながら長期間保管することができます

¥1,320

x1

その他

長尾製作所 VGAサポートステイLマグネット式 SS-NVGASTAY-L

長尾製作所 VGAサポートステイLマグネット式 SS-NVGASTAY-L

¥1,733

x1


総計

電源 446W/推奨 669W 以上

推奨 669W 以上

¥388,538

年末に自分が購入するPC構成のメモ書きです。

12月に確定させるので、頻繁に更新する点は申し訳ありません。

光らせる必要有るのか?と、ずっと彷徨っているのです…

目的:スマフォのゲーム配信及び動画編集も快適なスペック

自分自身は、メインモニターが、WQHDの165fps( LG UltraGear 32GP83B-B 31.5インチ )の為、ガチガチのゲーマーでは無いのでこのスペックを生かせるRTX3070を選択しておりますが、PCゲームも快適に配信したいならば、+60,000円を出して、MSI GeForce RTX 3080 SEA HAWK X 10G LHR に変更しても良いかと。

その際は、全面ファン3基は不要ですね。

[拘り点]

末長く使用したいので、性能低下の原因となる熱問題を考慮しました。

ケースファンを、全面及び上部に3基ずつ、背面に1基の合計7基構成。

ケースの仕様上、1,000pm回転が限度らしいので、そのラインで静音モデル且つ140mmのサイズファンです。

CPUクーラーも特大サイズのため、グラボの排熱を吸い込みやすいので、RTX3070ti以上を避けました。グラボは次世代に期待です。

ファンノイズが少ないモデルを選択しましたが、まだまだグラボ高騰は大きいですね。

若しくは、簡易水冷も有りなのかもと彷徨ってますので、この部分はちょくちょく変わります。

比較的に発熱は低い5900Xですが、最近発売されたマザボであるX570Sの、Dr.MOS設計やヒートシンク等により、更に安定させた熱耐性により、性能低下を防ぐようにしました。

最新のインターフェース、充分なフェーズ数等で、電源供給も安心ですね。

※近日発売予定の、14+2フェーズの75Aで稼働するMSI X570S CARBON MAX Wifiの値段次第で変更も検討します。

電源も、1,000Wのプラチナ認証ですが、1,200Wを検討中です。

電力余力もゲームなどのフレーム値に影響有りますので、もう少しあっても良いのかと思います。

メモリ数は、心の余裕ってだけじゃなく、これまで16GBで配信などしてきて、その時に配信に必要なタスクだけで、70%前後を喰ってる状態であったり、今後は編集もしてみたい事から、64GBを選択しました。

そして、PUBG mobile をよく配信しているので、キャプチャーボードは必須デバイスとなります。

これまでは、エルガトの60Sを使用してきました。

充分満足のいくの使い心地でしたが、今後のスマフォゲームの画質向上及びフレームレート増加の発展に期待し、更に対応した製品を選んで、新規購入予定です。

最後に、何故かiPadで説明文を書くと、文章が二重になる現象は私だけでしょうか?

めちゃくちゃ面倒なのですなのです。。

8468
8468

R20マルチコア

637
637

R20シングルコア

12846
12846

3DMark Time Spy


シェア

#ゲーミングの自作PC

#ゲーミングの自作PCをさらに表示