現状最新最安構成ゲーミングPC_Intel版

極限さん

同じ価格帯のBTOパソコン

パーツリスト

CPU
Intel Core i5 10400F BOX
Intel Core i5 10400F BOX

6 コア | 12 スレッド | 2.9 GHz | LGA 1200 | 65 W | 2020-06-19発売

アプライドネット¥15,780

x1

CPUクーラー
Deepcool AS500 R-AS500-BKNLMN-G
Deepcool AS500 R-AS500-BKNLMN-G

サイドフロー型 | 140x140x25 mm | 70.8 CFM | 2020-10-30発売

Amazon.co.jp¥7,226

x1

マザーボード
ASRock B460M Pro4
ASRock B460M Pro4

INTEL B460 | MicroATX | LGA 1200 | USB Type-C

Amazon.co.jp¥9,573

x1

SSD
CFD EG1VNE CSSD-M2M1TEG1VNE
CFD EG1VNE CSSD-M2M1TEG1VNE

容量 1TB | 3D QLC | M.2 (Type2280) | PCI-Express Gen3 | 2020-03-01発売

ドスパラ¥11,480

x1

ケース
Thermaltake Versa H17 CA-1J1-00S1NN-00
Thermaltake Versa H17 CA-1J1-00S1NN-00

MicroATX | ブラック | 2018-02-09発売

ドスパラ¥2,873

x1

電源
FSP Hydro GSM Lite PRO 550W HGS-550M
FSP Hydro GSM Lite PRO 550W HGS-550M

550 W | ATX/EPS | 80PLUS Gold | プラグイン対応 | 2020-11-06発売

アプライドネット¥5,480

x1


総計

電源 306W/推奨 459W 以上

推奨 459W 以上

¥118,632

タイトル通り、現時点での最新のパーツ(CPUとグラボ)を使用したIntelのゲーミングPCです。

ただこのレシピ作ってて思ったんですが、グラボがやはり高い為に1年前可能だった可能だった10万以下で最新パーツ詰め込めた時代が懐かしく思えます。

若い子たちの為にも早く元の値段に落ちてきて欲しいですね。

そうは言っても12万以下ですので許容範囲だと思ってます。

RTX3060も性能は悪くなく、1年前なら高スペックのゲーミングPCになってる様なパワーを持っています。

APEXなどでしたら競技設定でしたら充分に144fps狙って遊べる性能かと思います。

いろんなレビュー動画で300fpsだのなんだの言ってますが、240fpsなんて一般ユーザーは狙いませんし、144fpsモニターで144fps出てれば良いんです。

もし今後スペックを上げたいとなったら数年はGPUを変えるだけでいけると思います。

それで少しづつ貯金してもっと144fpsで高画質で遊びたいってなったらまたその時の最新でPCを組むなりBTOパソコンを活用するのが良いと思います。


シェア

#ゲーミングの自作PC

#ゲーミングの自作PCをさらに表示