3台目作るときに用意するつもりの構成・改(メイン・サブとのパーツ入れ替えあり)

roadrunner

パーツリスト

CPU
AMD Ryzen 5 5600G BOX
AMD Ryzen 5 5600G BOX

6 コア | 12 スレッド | 3.9 GHz | Socket AM4 | 65 W

ソフマップ.com¥36,800

x1

CPUクーラー
Deepcool AS500 PLUS WH R-AS500-WHNLMP-G [ホワイト]
Deepcool AS500 PLUS WH R-AS500-WHNLMP-G [ホワイト]

サイドフロー型 | 140x140x25 mm | 70.8 CFM | 2021-06-25発売

ソフマップ.com¥6,820

x1

マザーボード
ASUS PRIME B550M-A (WI-FI)
ASUS PRIME B550M-A (WI-FI)

AMD B550 | MicroATX | Socket AM4 | Wi-Fi 6 | 2020-06-20発売

Amazon.co.jp¥12,755

x1

SSD
Western Digital WD Blue SN500 NVMe WDS500G1B0C
Western Digital WD Blue SN500 NVMe WDS500G1B0C

容量 500GB | 3D MLC | M.2 (Type2280) | PCI-Express Gen3

瓶底倶楽部¥9,381

x1

ケース
Thermaltake S100 TG
Thermaltake S100 TG

MicroATX | ホワイト/ブラック | 2020-10-30発売

Amazon.co.jp¥4,881

x1

電源
Fractal Design ION+ 560P FD-PSU-IONP-560P-BK [ブラック/ガンメタル]
Fractal Design ION+ 560P FD-PSU-IONP-560P-BK [ブラック/ガンメタル]

560 W | ATX/EPS | 80PLUS Platinum | プラグイン対応 | 2019-08-09発売

TSUKUMO¥8,980

x1


総計

電源 136W/推奨 204W 以上

推奨 204W 以上

¥88,913

仮に三台目を組むのであれば、最近発売されたAPUを使って組んでみたいということでメモがてら簡単に見繕ってみました。(メインの構成はこちら、サブの構成はこちら

安く組もうと思えば組めますよという例みたいなものです。

ただ、SSDは現行のものであればもう少し安くなるし、ケースとCPUクーラーを工夫すればもう1万円ぐらい安くなるはず。APUは最小構成ができることも魅力の一つですね。

削った金額分をグラボのGTX1650辺りに充てて電源にもう少しだけ気を使えば、12万弱で立派なメイン機になる。OS、オフィス込みで14万ぐらいであればBTO比でも悪くないはず。RTX3060購入計算でもBTO比でちょい安程度の価格。

自分的には、マザーボードは別途必要があってすでに購入済み、SSDとメモリは手元に存在しているので、もしいまからパーツをすべて揃えるとしても、これからの出費は5-6万円台になる。

最初に書いた時から改めて考え直して、やっぱり小さい筐体のほうがいいかもとMicro-ATX仕様のケースを見繕いました。

DeepcoolのMACUBE 110と迷いましたが、レビューをいくつか見ていて、取り回し的にThermaltakeのS100 TGのほうがよさそうな感じだったので、こっちを選択。ただ、好みの範囲かと思うので前者が特に劣っているわけではないと思います。

どちらもMicro-ATXにしてはちょっと大きめなのでその点が難点ですが、その代わりCPUクーラーはほぼ好きなものを選択できるので、自分的にはそっちの利点のほうが大きさという難点より上回っています。

CPUクーラーも付属のものと悩んだけど、ここぐらいは趣味を出してもいいだろうということでAS500Plusをチョイス。

APUにそんなに無理させないのであれば付属クーラーでも問題はないというレビューも出ているので、気が変わったら用意しないかもしれない。

電源ですが、電源そのものではなく付属のスリーブケーブルが柔らかいことで定評のあるものなので、小さいケースでも取り回しがきくので個人的なオススメ。

4479
4479

R20マルチコア

574
574

R20シングルコア


シェア

#仕事の自作PC

#仕事の自作PCをさらに表示