コスパと快適性を求めた実用構成

ナノン・オルテガ(Nanon_Ortega)

同じ価格帯のBTOパソコン

パーツリスト

CPU
AMD Ryzen 5 5600X BOX
AMD Ryzen 5 5600X BOX

6 コア | 12 スレッド | 3.7 GHz | Socket AM4 | 65 W | 2020-11-06発売

電子問屋¥35,480

x1

CPUクーラー
サイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000
サイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000

サイドフロー型 | 120x120x27 mm | 51.2 CFM | 2017-06-01発売

ソフマップ.com¥3,329

x1

マザーボード
ASUS ROG STRIX B550-A GAMING
ASUS ROG STRIX B550-A GAMING

AMD B550 | ATX | Socket AM4 | USB Type-C

Amazon.co.jp¥15,800

x1

SSD
Western Digital WD Blue 3D NAND SATA WDS500G2B0A
Western Digital WD Blue 3D NAND SATA WDS500G2B0A

容量 500GB | 3D TLC | 2.5インチ | Serial ATA 6Gb/s | 2017-08-01発売

ノジマオンライン¥6,408

x2

HDD
Western Digital WD40EZAZ [4TB SATA600 5400]
Western Digital WD40EZAZ [4TB SATA600 5400]

容量 4TB | 3.5インチ | 5400 rpm | Serial ATA600

駿河屋¥7,680

x1

ケース
Antec P7 Silent
Antec P7 Silent

ATX | ブラック | 2018-06-09発売

Amazon.co.jp¥6,273

x1

電源
Antec NeoECO Gold NE750G
Antec NeoECO Gold NE750G

750 W | ATX | 80PLUS Gold | プラグイン対応 | 2017-12-23発売

BESTDO!¥9,990

x1


総計

電源 372W/推奨 558W 以上

推奨 558W 以上

¥192,108

私はVR含むゲームや動画編集、Blenderをやっているのですが、それなりのスペックがあればどんなことをやっても不足なくできるので現状の最新パーツで構成を考えてみました。cpuはゲームでも高いパフォーマンスを発揮し値段も高すぎないryzen5 5600Xでクーラーはメンテナンス性を考えて虎徹mk2。マザーボードは今後のアップグレードとUSBの数と値段からASUS ROG STRIX B550-A GAMING。GPUはスペックと消費電力の良いRTX3060ti。メモリは3Dのレンダリングのことを考えて多めの32GB。SSDが二つなのはOS用とソフト用でHDDは素材などの保存用。ケースは静音重視で派手過ぎない、価格もそこそこ、スロット類が整っているAntec P7 Silent。電源はアップグレードしても耐えれるAntec NeoECO Gold NE750G。この構成と値段ならどんな人でも満足できると思います。

4562
4562

R20マルチコア

604
604

R20シングルコア

11590
11590

3DMark Time Spy


シェア

#ゲーミングの自作PC

#ゲーミングの自作PCをさらに表示